永代供養墓・永代納骨堂とは(1)

永代供養墓(永代納骨堂)というのは具体的にはどういうお墓なのでしょうか?
 
一言でいうと、永代供養墓(永代納骨堂)というのは、
「承継者がいなくても、運営者(霊園・寺院など)が永代にわたって、そのご霊位の供養・管理行っていくお墓で、生前申し込みも可能なもの。」
というのが一般的に認知されている定義です。
※永代というのはそのものが続く限りという意味です。
 
ただし、、永代供養墓(永代納骨堂)という言葉に法律的な定義というのはありません。
 
では、一般的なお墓と永代供養墓(永代納骨堂)には、どのような違いがあるのでしょうか?
 
一言でいうと、
一般のお墓は「自分で守っていかないといけないもの」であり、永代供養墓(永代納骨堂)は託せるお墓である。
というのがわかりやすい表現かと思われます。
 
今までのお墓であれば、そのお墓を承継できる人が亡くなってしまった場合、そのお墓が途絶えてしまうという事態に陥ってしまいます。
これは寺院であっても、霊園であっても同じです。
(お墓をなくすために一定の期間や手続きが必要ですが、、、)
 
お墓が途絶えるというのは、つまりは無縁墓というかたちで改葬・撤去されるということです。
ですから、寺院であれ、霊園であれ、新しく墓地を申し込む場合などには、継承者の有無を確認する場合がほとんどですね。
承継者がいないと分かった場合には、お墓を建てることを断られる場合も多々あるようです。