お墓の問題(1)

現在の、世間一般でいうお墓というものは、
多くの場合、墓地を借りてその上に墓石を立て、そのお墓を継承しながら管理供養をしていくというものです。
(まれに、自分の土地に墓石を建てるという場合もありますが、多くの場合は寺院墓地や公営・私営墓地で土地(墓地・聖地)を借りるケースがほとんどですね。)

 
という事は、現在のお墓を維持していく基盤は、「継承していけるかどうか?」ということになります。
ところが、この「継承していけるかどうか?」という基盤がいるがされているというのが現状です。

 

例えば、結婚しても子供を持たない夫婦が多くなってきたり、結婚をしない単身者の方も増えています。
また高齢者の中でも身寄りが誰もいないといった人たちも増加の一途をたどっていますね。

 
このような人たちに共通しているのは、お墓の面から考えるとお墓を立ててもそのお墓を継承できないことが目に見えているもしくは継承できないということです。

 
また、次によくあるのが、子供が女の子だけというような場合です。
その女の子のお子さんが、生涯単身者であるということも当然ありますし、嫁がれたとしても、実家のお墓を誰が継承していくのか?という問題が出てきます。
中には、一人っ子同士で結婚され、両家の墓を管理供養することとなり、その負担が苦となってしまい非常に悩んでおられる方もたくさんいらっしゃいます。

 
また、実家と子供が住んでいる場所がかなり遠方であったりすることも最近では非常に多いです。
(転勤族もたくさんいらっしゃいますし、海外赴任されているということも少なくはないですね。)
このような場合も、お墓参りや、お墓掃除に帰ってくるだけでもかなりの労力が生じてしまいます。

 
 
つまりは、現在のお墓の問題として、
 
・継承できないケースが非常に増えてきたこと。
・継承できたとしても、維持管理や供養・お墓参りなどの負担が昔と比べて非常に大きくなってしまうこと。
 
というようなことがまず挙げられます。
 

これは決して、お墓の制度そのものがダメということではなく、家族のあり方などが時代とともに変わってきたため、それに合わなくなるケースが多くなってきたということです。